自宅でボイトレする時のポイントをご紹介!

自宅ボイトレをするなら防音のことも考えましょう

自宅ボイトレをするなら防音のことも考えましょう 自宅でボイトレをおこなう際は設備を整えることはもちろんのこと、防音対策もしっかりとおこなうことが重要です。
なぜならば、自身にとっては歌唱力をアップさせるためのトレーニングであっても、隣近所は大きな歌声を騒音ととらえられる場合があるからです。
ボイトレの場合、ギターやドラムといった楽器を奏でるのではないので、簡易的な対策でも十分な対策をすることが可能です。
まずボイトレをする部屋を隣近所から離れた場所を選択してみましょう。
一般戸建て住宅であればリビングであれば住居内の真ん中に位置するので、音漏れを防ぐことが可能です。
集合住宅であれば、お手洗いやウォークインクローゼットをボイトレ専用部屋にするのも手です。
完全な防音対策をするには大掛かりな工事が必要となりますが、DIYで音漏れを防ぐには壁にウレタンシートを貼り付ける方法があります。
音は空気を伝って周囲へと伝達されますが、その伝達をウレタンなら防ぐことが可能です。
これらの音対策をしてから自宅で練習をするようにしましょう。

自宅でボイトレを行うときには防音対策が必要

自宅でボイトレを行うときには防音対策が必要 自宅でボイトレを行いたいと考えるのであれば、トレーニングを行う部屋に防音対策を実施しておく必要があります。
一般的な家庭に防音室があることは少なく、何もしないまま発声を行っていると、同居している家族や近隣住民から苦情が出る可能性が高いです。
特にマンションやアパートの場合は声が通りやすく、近所の人とトラブルになってもおかしくありません。
近頃はホームセンターなどで遮音効果や吸音効果のあるマット、カーテン、窓用のシートなどが販売されています。
これらを活用して音が外に漏れにくい状態を作り出すことで、安心してボイトレを行うことができる環境を手に入れることができるでしょう。
マイクを使った練習や大声での練習は難しいですが、ある程度の音量であれば問題ないような環境を作ることができるはずです。
トレーニングを続けられなくなる可能性もあるので、自宅でボイトレを始める前には騒音問題が起こらないように対策を実施しておくことが大切だと言えます。

新着情報

◎2020/11/13

自宅ボイトレは動画を参考に
の情報を更新しました。

◎2020/8/27

行なうべき筋トレ
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「ボイトレ 発声」
に関連するツイート
Twitter